Catering

Masakazu Taguchi

オフィスやショールームを彩る装花を、定期的にお届けするサービスです。大切なお客さまとの商談スペースや、レストランのエントランスや待合室など、人が集う場に、やすらぎと華やかさを与えるお花を飾ってみませんか。お届けの周期や、お花のタイプ、サイズなど、お客様のご要望にあわせたご提案をしております。お気軽にご相談ください。

アレンジメントのような一輪挿し

幾重にも重ねたタイサンボクの葉を花器のようにみたて、その中に試験管を挿し込み、コチョウランを活けた。少し傾けることにより、動きが生まれ、アレンジメントのような一輪挿しとなった。

花材:タイサンボク/コチョウラン

初夏のアレンジメント

伸びやかな枝と爽やかな色の花を選び、初夏にふさわしい涼しげなあしらいに。枝花や天井の高い空間に合わせた大きな花器で重厚感を演出しつつ、全体にシンプルな印象になるよう制作した。

花材:ドウダンツツジ/アナベル(アジサイ)

個性的でモダンなしつらえ

ベルギー製のユーモラスな形の花器から、ベアグラスがうねりながら伸びているような、動きのある作品。
オリジナルかつ個性的でありながら、全体にモダンな印象を与えるしつらえとなった。

花材:バラ/ベアグラス

和のしつらえ

茶道具の風炉に苔を敷き詰め、花器としてアレンジ。洋の要素であるランを合わせ、造形的に仕上げた。

花材:フトイ/オンシジウム/苔

田口雅一

profile

1979年 東京生まれ。ベルギーの国際的フラワーアーティスト、ダニエル・オスト氏に才能を認められ渡欧。オスト氏のもとでは多数のプロジェクトに携わり、その大胆で繊細、華麗で上品な作風には大きな影響を受けた。現在はレストランやブティックといった、お客様の目線やニーズにあわせた花の提案を得意とする。またショールームや展示会など、とくに大空間の装飾においては、プロデュースから装飾までを担当するなど、年々活躍の場を広げている。

Born in Tokyo in 1979. Taguchi joined Daiichi-Engei Co.,Ltd in 1999 and worked in Europe on numerous projects under Ost, one of the world’s leading flower designers. He was influenced by Ost’s bold yet delicate, graceful and elegant style. Taguchi is excellent at reflecting the needs and perspectives of his customers – such as restaurants and boutiques – into design. He continues to expand his area of work, now producing and decorating large venues for showrooms and exhibitions.

decoration
gift